都心から行ける!犬連れキャンプにおすすめのキャンプ場は?

キャンプ
スポンサーリンク

こんにちは、きくちゃんです。前回は犬連れキャンプに必要な持ち物を紹介しましたが、今回は今まで我が家が犬連れで行ったことのあるキャンプ場を、犬連れ目線でレビューします!

都心から車で2〜3時間かかる場所がほとんどですが、ドライブも兼ねて行ける、おすすめのキャンプ場の紹介です。

初めての犬連れキャンプは安心できる場所がいい!

キャンプに初めて愛犬を連れて行こうと思った時、できればワンちゃんにも優しいキャンプ場が良いなぁと思いますよね?

犬連れキャンプに優しいポイントを紹介します!

ドッグランが併設されている

ワンちゃんのストレスが軽減にも、ドッグランはありがたい施設です。特に普段家の中でリードフリーで過ごしているワンちゃんには、リード必須のキャンプでは自由に動き回れずにストレスが溜まってしまいます。犬連れキャンプの場合、少しの時間でも自由に動き回ったり走り回ったりできるドッグランがあると安心ですね。

ドッグサイトがある

犬連れ専用のサイトがあると、ワンちゃんもウェルカムなんだと安心できますよね。キャンプに行った際に、犬連れが自分のところだけだと少し心細くもなってしまいますが、他のワンちゃんを見かけると嬉しくなります。

犬用のグッズ販売がある

もしも忘れものをしてしまった場合でも、キャンプ場内にある売店で不足品が買えると安心です。もしくは、キャンプ場があるまち全体が犬連れウェルカムな環境だと、キャンプ場から車で出かけて買える範囲にお店があれば安心できます。また、近場にホームセンターがあるとなお良いですね。

ワンちゃんと一緒に食事が楽しめる

キャンプ場なら一緒に楽しめて当たり前では?と思いますが、これは場内にあるレストランで一緒に楽しめる場合のレアケースです。後ほど詳細を書きますね。

犬連れにおすすめのキャンプ場①北軽井沢スウィートグラス

スウィートグラスは関東ではファンも多く有名なキャンプ場ですね。キャンプサイトが犬連れOKなだけでなく、コテージも犬連れで過ごすことができます。(with Dogのコテージのみ)スウィートグラスのレビュー記事はこちらから👇

浅間山を眺める広々ドッグラン

スウィートグラスには小型犬専用と大型犬専用のドッグランがそれぞれあります。特にアジリティなどはありませんが、どちらもとても広いので、ワンちゃんも十分満足できます。また、スウィートグラスにはワンちゃん用の足洗い場もあるので、ドッグランで多少汚れてもすぐに清潔にできます。(冬期はペットシャワー使用不可)

ドッグランの場所も、多目的広場やおしぎっぱの森(ツリーハウスがある場所)とほど近いため、子連れ&犬連れファミリーでも、子供もワンちゃんも大満足できます。

ウッドチップ敷きのフリードッグサイト

スウィートグラスにはフリードッグサイトがあり、ウッドチップが敷いてあるため、足回りが汚れにくく好評です。スウィートグラス自体、芝生のところもありますが、土のところの方が多く、雨だとワンちゃんの足周りが相当汚れます。短足ちゃんだとお腹周りも…。ウッドチップはとてもありがたいです。

フリードッグサイトは木陰も多く、暑さに弱いワンちゃんでもゆったり過ごせますね。

場内の共用施設にもリードフックがあり◎

スウィートグラスにはアサマヒュッテというカフェ&イベントスペースがありますが、そこのテラス席にはリードフックがあります。撤収日のランチはアサマヒュッテで軽食を頼んで、ゆったり犬連れでランチも可能です。

軽井沢自体がペットOKの場所が多い

軽井沢にはもともとペットOKのお食事どころも多いです。ちなみに我が家はキャンプ帰りに軽井沢のアウトレットに寄って、ワンコの汚れた体をシャンプーしてもらいます。これで帰宅後もすぐに一緒の布団で眠れます(笑)

犬連れにおすすめのキャンプ場②キャンプ・アンド・キャビンズ

キャンプアンドキャビンズはキャンパーなら知らない人はいないかと思いますが、日本で一番予約が取れないと言われているキャンプ場ですね。我が家も玉砕すること何度も(笑)

ここにももちろんフリードッグサイトが◎

犬連れにおすすめの理由がドッグフリーサイトがあることですが、このキャンプアンドキャビンズにもドッグフリーサイトがあります。正面ゲート入って左手奥にドッグキャンプサイト3区画、右手奥にドッグサイト木陰1区画で場内2か所あります。(この写真はドッグキャンプサイトのものです)

ここのドッグキャンプサイトは水栓があり、水汲みに行く手間が省けるのが嬉しいです。我が家は夏にそのサイトを利用したのでうちのワンコもその水栓でちょこちょこ水浴びしてました。(シンクはなく垂れ流し状態の水栓です)2020年にドッグキャンプサイト木陰の方にも水栓が付いたようです。

一つ残念なのが、車がサイト内に入れないことです。サイトのすぐ外側に車を停められるものの、重いキャンプ道具が多い我が家はゲートポーチから荷物を搬入したり撤収したりがとてもしんどかった記憶があります。(柵もまぁまぁ高く荷物の搬入が大変)あと、木陰のサイトに比べると、体感温度が全然違います!非常に暑く感じますので、やっぱり木陰って大事なんですね。

ドッグランもあるけど、少し場所が△

もちろんここにもドッグランがあります!が、場所が外れたところにあり、ほかに何もない為少し不便です。でもドッグランの中には少しのアジリティもあり、楽しめるようになっています。

犬連れに優しいけど、イベントも楽しみたい子連れには…

このキャンプ場はイベントが多く子供が楽しめるのが最大のウリです。でもそのイベントは犬連れだとなかなか…というものもあり、家族全員で参加できないのが難点です。じゃぶじゃぶ池周辺は犬連れでは入れないですし、サイトに犬だけのお留守番は原則禁止です。

我が家は子供連れ犬連れなので、娘に「あーあー、ハンバーガー作りしたかったなぁー」なんて言われることもしばしば😅犬連れでも参加できるイベントだったり、パパかママだけの付き添いでできるイベントで子供には納得してもらってます。

犬連れにおすすめのキャンプ場③ウエストリバーオートキャンプ場

このキャンプ場は山梨県にあります。川に沿ってサイトが並んでいて、夏には川遊びや魚釣を楽しむことができます。

ペット同伴可能サイトがあり犬連れでも気兼ねなくキャンプが楽しめる!

出典:ウエストリバーオートキャンプ場公式HP

このキャンプ場を犬連れで訪れる場合は、ペット同伴可能サイトを予約する必要が有ります。ペット同伴可能サイトは全て木の柵で囲まれており、周辺も犬連れなので、安心してキャンプを楽しめます。

ただ、ペット同伴可能サイトはキャンプ場の上流と下流に分かれています。電源ありのペット同伴可能サイトの場合、キャンプ場の一番上流になります。受付・売店は下流の方にある為、全体が坂になっている為、サイトと売店との行き来は結構足にきます😅

真夏はペットも水遊びを!

このキャンプ場は、川遊びが楽しめるのですが、何と犬も入水可能です。川遊びエリアの一番下流は、ペットも川遊び可能なエリアになってますので、わんちゃんにもライフガードをつけて水遊びを楽しんでもらいましょう!

犬連れにおすすめのキャンプ場④エンゼルフォレスト那須白河

出典:エンゼルフォレスト那須白河公式HP

エンゼルフォレスト那須白河は福島県にあります。ここはキャンプ場もありますが、愛犬と楽しめるリゾート地となっています。

キャンプサイトもコテージも両方犬連れ可!

キャンプサイトに犬連れで入れるのはもちろんなのですが、ここはコテージも多く、しかもゲージに入れずに愛犬と過ごすことができます。(寝室にはワンちゃんは入れないので注意が必要です)。そして殆どのコテージが専用ドッグラン付きです。キャンプサイトにはドッグラン付きのドッグフリーサイトとドッグフリーキャンピングカーサイトがあります。

他のワンちゃんと触れ合えるドッグランもあり

もちろん、専用だけでなく他のワンちゃんと触れ合えるドッグランもあります。大型犬専用と小型・中型犬専用があり、屋内にもアジリティ付きのドッグランがあります。

お散歩コースも豊富で、滞在中愛犬と過ごすにはもってこいの施設ですね。

レストランも愛犬同伴可能!

出典:エンゼルフォレスト那須白河公式HP

一番驚きなのは、愛犬連れでレストランで食事が出来ることです。しかもワンちゃん用のご飯もバイキング形式でスケールも置いてありますので、カロリーや分量を計算しながらワンちゃんへの食事を用意できます。

はじめに書いた愛犬と一緒に食事が取れる場所のケースです。キャンプの場合は利用しないかもしれませんが、コテージ泊の際とても嬉しかったサービスです。

他にはないサービス!わんちゃん一時預かりも

この施設内には温泉もありますが、家族が温泉に入っている間の愛犬の居場所って困ってしまいますよね。ここなら受付で愛犬の一時預かりを実施しています。

犬連れに優しいキャンプ場で、愛犬と癒し時間を過ごそう!

これまで犬連れで利用したキャンプ場をピックアップして紹介してみました。他にも何か所か犬連れで利用したことがありますが、それはまた別の機会に紹介します♪

書いていたら、またキャンプに行きたくなりました🙄越県できない今、遠出好きの我が家にはもう少しの辛抱ですね( ;∀;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました